インフォメーション

傷んだ排水管を入れ替えることなく排水圧送ポンプ方式にて改修

2018/05/04

工事内容:コンビニ店舗のオープンケースドレン排水管、厨房排水管の修繕
使用ポンプ:SFA サニスピードSSP-100 排水圧送ポンプ(雑排水用)

 

店舗内にあるオープンケース(チルドケース)のドレン排水管から水漏れが多発していました。何度も詰まりを除去するが直ぐに再発するため、クラシアンに本格的に調査したいとのご要望を頂きました。作業手順として超高圧洗浄車とドレンクリーナーを使用して埋設管の詰まりと汚れを除去、その後検査カメラを挿入して、詰まりが再発する要因を調査致しました。
調査の結果、店舗内の床下にある埋設管の接続部に問題があり、排水の流れを悪くしていたため詰まりが多発している状況でした。
建物の埋設管を入れ替える修繕となると大規模な工事となり、費用も時間も必要になります。クラシアンではこのような場合、海外でも実績のあるSFAの排水圧送ポンプを設置、勾配を気にしない圧送式の排水方式に変更致しました。


圧送ポンプまでの排水を受けるための設置部の工事


バックヤード内に設置した圧送ポンプ
勾配を気にせず排水が可能になります

 

クラシアンでは、詰まりの原因を徹底的に調査を致します。排水詰まりの原因特定や定期メンテナンスをご提案致します。排水管の詰まりが解消せずにお困りの方は是非ご相談ください。

※SFA排水圧送粉砕ポンプ(水まわり設備機器の汚水・雑排水 専用)とは
SFAの排水圧送(粉砕)ポンプを使用することで、トイレ・ユニットバス・流し台、洗面化粧台をお好きな場所に設置できます。一般的な重力排水方式では、工事が大掛かりになり、費用がかさみ、あきらめざるを得なかった現場でも容易に増設工事ができます。
排水圧送粉砕ポンプ(汚水・雑排水兼用)と排水圧送ポンプ(雑排水専用)の2タイプをご準備しております。