インフォメーション

劣化している厨房の床を染めQのテクノロジーで修繕しました

2019/02/28

飲食店の厨房の床は、長期間の営業活動により油や水、熱湯、砂糖、酢などの調味料などによって塗装の劣化や、コンクリートの劣化が進み、衛生面や安全面からも修繕対策が求められている現場が多く見られます。
一般的な塗装施工では何層にも重ね塗りをする必要があり、数日間の作業日数が必要になります。そのため店舗の営業を数日間お休みすることになり、床の修繕のために数日間営業を休むことができないとの不満の声を聞くことがあります。そんなお客様へのご提案としてクラシアンでは、店舗の営業を止めることなく厨房の床の修繕ができる床塗装の染めQのニューナノテクノロジーをご案内しています。

 染めQの厨房床塗装の特徴
① 店舗営業終了から、翌日の営業時間までに施工完了
② 安全性の高い水系塗装
③ 施工後の臭いが残りにくい低臭
④ 現場の用途に合わせて、材料は8色のラインナップ
⑤ 施工後の保証は2年

施工店舗:焼肉、寿司、デザートのセルフバイキング店(174席)
営業時間:ランチ11:30~16:30、ディナー16:30~22:00
厨房床の修繕と床塗装工事:3日間(作業時間:24時~翌朝8時)
昼間のランチ、夜のディナーの時間帯は営業を行い施工は深夜に対応
  1日目:厨房床の油汚れ剥離作業、タイル表面の釉薬(ゆうやく)面の剥離作業
        床タイルの剥がれた部分の補修、通路など一部を塗装仕上げ
  2日目:床の不陸調整(ふりくちょうせい)、塗装面をマスキング、全体の2/3に塗装を施す
  3日目:残りの1/3に塗装を施す、全体の仕上げを確認
  塗装色:ライトグリーン、塗装面は防滑処理(ぼうかつしょり)

施工前の厨房床

厨房のため事前の養生はしっかり行います

厨房床の汚れを剥離します

床のタイル表面の釉薬(ゆうやく)面を剥離します

厨房床の凸凹や段差を不陸調整(ふりくちょうせい)します

厨房と食糧庫の通路にオリジナルの塗料を塗布

厨房床グレーチングの左右に塗装を塗布

今回は飲食店舗様の厨房の床を修繕のうえ、染めQを塗装した工事をご紹介しました。クラシアンでは商業施設の床、工場や倉庫の床、病院や介護施設の床、食品加工工場の床など、さまざまな場所の床に対応致します。
営業を止めたくないけど、床はきれいにしたいとお考えの方は、一度クラシアンにご相談下さい。